スポンサードリンク

小論文の裏技


裏技というか…

これは、どの試験でも使えることなんですけどね



当日ってやっぱり

一通り、全ての分野に目を通しておきたくないですか?

小論文試験なら

直前に知識詰め込んだり

文章読んで、頭の働きを活性化させたり

それだけで、取り組む気持ちも違いますよね




でも、試験前30分くらいって

問題用紙配ったりするので

参考書しまわなきゃいけないでしょ?

もったいないですよねぇ 30分もあったら

5,10点は点数が上がるだけの知識を詰め込むことが

できるかもしれない…




そんなときは

集合時間を無視して、開始時間直前に教室に行きましょう




大丈夫です!開始前に教室に着けば

ちゃんと受けさせてくれます



僕は、試験会場がわからなくて

迷って迷って

開始時間ちょっと過ぎてしまったんですが

ぎりぎりで受けさせてもらいました



あくまで、直前に!

行くのがミソです



そうすると、問題用紙や解答用紙は

あらかじめ机の上におかれているか

なくても

すぐ、監視員の人が持ってきてくれます



自分の名前とかは書かなきゃいけませんが

開始前の30分は

あなたのものになります



きわどい試験の際には

使って損はありませんよ

こっちも高い受験料払ってるんですからw



ただ、ご利用は計画的に

もし、これで受けれなくなっても

責任は負いませんw

直前に、試験委員に電話して

大丈夫か聞いてみたりすれば確実だと思います



まぁ、知らん振りして

会場の近くで参考書読んでたらOKですw

小論文の難しさ

ここで紹介する難しさは

「自分の考えに対する反論への再反論が難しい」

を意味します




前の記事でも紹介しましたが

小論文の基本構成は

@自分の考え

A反対意見

B再反論

C結論

です



この、反対意見を書いた後に

再反論で、その根拠を

根底から覆すくらいの論理に基づくことができるか



が重要になってきます



でも、思いつかないことってあるんですよ

「こう、主張したはいいけど…うまくいかない」

なんてこと、僕はしょっちゅうありましたねw



では、どうしたか?

覚えました

使えそうな、「反対意見・再反論パターン」を

紙に書き留めておいて

覚えてしまいました



使える文章がでてきたら

しめしめ

です



また使えなくても

応用できることが多いので

やっても無駄にならない努力だと思います



その「パターン」は

自分で探していってくださいね

何も難しくありません



「ああ、なるほど!」

ってくらい、論理の転換をうまくこなしている小論文は

参考書など見たら、結構載ってるはずです



覚えると後が楽ですよ


小論文の文章の種類

小論文の文章にも

種類があります



種類というか、傾向というかもしれませんが



これは大学によって

それぞれです



大学の過去問を見ればわかります



ホッブズやロック、トクヴィルなどの

西洋の思想家が出てくることもあれば

日本の夏目漱石などの小説が出てくることもあります

東大などは

毎年、太郎と花子の会話から

文章を書かせる問題が出ていますね





まずは

受験したい大学の

過去問をチェックしてみましょう

小論文の問いの種類

問題の問い方の種類といったものが

小論文にはあります

それは自分の目で確認すると

はっきりわかるのですが

あえて述べるならば


@内容をまとめるもの

A自分の考えを書かせるもの

Bある一定の見地から、問題を解釈させるもの

C資料を分析させるもの

の4点でしょうか



大体共通していますので

当日になって、びっくり!

といったことはほぼないと考えてよいと思います


タグ:小論文 種類

小論文の予備校

小論文の予備校は

@伊藤塾

ALEC

B辰巳

の3つが主な選択肢になると思います



どこを選ぶか

僕は、値段で伊藤塾にしました



5万円で10回小論文+添削+解説 のコースがあったので

それにしました



他は、そのような

添削のみのコースがなくて高かったです

10万とかね



添削のみといっても
(添削は90分)

それなりに解説はしてくれますから

問題はありません
(30分だけど、要点レジュメがあるから十分)

後は、自分で本を読むなりで

知識を詰め込めば十分対応できると思います

小論文のために僕がしたことE

ついに最後まできました

B小論文のために覚えるべき知識を身につける




これは問題文が問う

「本質的な問題に対する解答」

を導くために必要な作業です




たとえば

「現在、治安悪化が叫ばれている。どうすればいいか?」

という問題文が出たとしましょう



これに対して、一般の方なら

対策について、自分の考えを羅列するだけです

でも

「統計的に見ると、実際は犯罪は増加していない」
「マスコミによるあおりが原因である」

ということを知っていたら

もっと、問題の本質に近づいた文章が書けますよね



小論文では

上手に書くということだけではなく

「いかに説得力を持たせて書けるか」

という力も評価の対象に入ります



もちろん、現場志向で解けないこともありませんし

それで受からないということでもありません



しかし、このような本質論点は

どこの大学にも頻出ですので

覚えておいて、損はありません



対策本などを読むなりして

頭に入れておきましょう



「パターナリズム」や「地球温暖化対策の背後の目的」

「倫理に関する問題」「自己決定・自己責任の問題」

などは、面白いですから

あっという間に読めてしまうので

オススメです


スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。