スポンサードリンク

新聞の必要性



国立大学の試験が全て終わりました

どこか受かっているといいなぁ…



私立大学の試験とのスパンが開いていたので

緊張感を取り戻すのは困難でした



というのも

もうある一定のレベルまで達すると

「書く」ことには困らないんですよね



また、法科大学院の試験は

ほぼ現場思考で対応できるということもわかりました



なので国立が近くなっても

昔の勘を取り戻せばよいだけで

それ以外特に

「することがない」

ことになってしまいました



そこで何をしたかというと

「新聞を読む」

です



社会人の皆さんからすれば

当然の1日の習慣かもしれませんが

学生の僕にとって

新聞を意識的に読むというのは

非日常的なものでした



そして、普段はスポーツ欄などしか目にしませんが

自分が「普段読まないページ」

を読むようにしました



数日間続けると

現在の社会問題が目に見えてきました



これが結構、小論文の問題に出るんですよね



2007年の問題では

神戸大学が「インターネットと民主主義」

名古屋大学では「ワーキング・プア」

東北大学では「教育改革」

が出されていました



こんなん新聞毎日見てたら、論点丸わかりだと思いません?

ただ

新聞には「一般的な視点」しか出ていません

世論操作的な側面があるんですね



そこから一歩抜け出て

自身の独自の視点を文章に入れなければ

ライバルに差をつけることができません



ですから、新聞一辺倒ってのは

さすがに危険だと思います



まぁ、そんなのも

ちらっと参考書読めば、手に入りますけどね
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。