スポンサードリンク

小論文のために僕がしたことB

「自分の書いた小論文の出来を自分で確認する」

その最もオススメな方法は

「書いた文章を、読み上げてみる」

という方法です



声に出して

目からでなく、耳から文字の羅列を

取り入れることで

より客観的に、文章を把握することができます



目だと、省略してしまったり

流し読みしてしまうんですね




そして、ここで

自分で言葉の使い方で変なところがないか

チェックするわけです




これによって

自分がどんな文章を書くのか

自分の日本語力はどんなもんか

自分で自分の実力を把握することができます




まず、初歩の段階ですね



そこから次に

@小論文のひながたを覚える

A書いた小論文を客観的に評価してもらう

B小論文のために覚えるべき知識を身につける

という3つのステップを同時に進みます



次からは、それぞれ順に説明していきます
タグ:小論文 対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55733529

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。