スポンサードリンク

新聞の必要性



国立大学の試験が全て終わりました

どこか受かっているといいなぁ…



私立大学の試験とのスパンが開いていたので

緊張感を取り戻すのは困難でした



というのも

もうある一定のレベルまで達すると

「書く」ことには困らないんですよね



また、法科大学院の試験は

ほぼ現場思考で対応できるということもわかりました



なので国立が近くなっても

昔の勘を取り戻せばよいだけで

それ以外特に

「することがない」

ことになってしまいました



そこで何をしたかというと

「新聞を読む」

です



社会人の皆さんからすれば

当然の1日の習慣かもしれませんが

学生の僕にとって

新聞を意識的に読むというのは

非日常的なものでした



そして、普段はスポーツ欄などしか目にしませんが

自分が「普段読まないページ」

を読むようにしました



数日間続けると

現在の社会問題が目に見えてきました



これが結構、小論文の問題に出るんですよね



2007年の問題では

神戸大学が「インターネットと民主主義」

名古屋大学では「ワーキング・プア」

東北大学では「教育改革」

が出されていました



こんなん新聞毎日見てたら、論点丸わかりだと思いません?

ただ

新聞には「一般的な視点」しか出ていません

世論操作的な側面があるんですね



そこから一歩抜け出て

自身の独自の視点を文章に入れなければ

ライバルに差をつけることができません



ですから、新聞一辺倒ってのは

さすがに危険だと思います



まぁ、そんなのも

ちらっと参考書読めば、手に入りますけどね
この記事へのコメント
トラックバックからやってきました。試験お疲れ様でしたね。。。その昔ワタシも小論文で大学を受験しました。ワタシの場合指定校推薦でしたので小学生が書くような作文でしたけど。そんなことを思い出しちゃいました。合格発表まではゆっくり休めないでしょうがご自愛ください。
Posted by ブア at 2007年12月04日 23:28
トラックバックからやってまいりました。
小説も小論文も同じ文章。
とても参考になりました。
やはり、書くことと読むことっていうのはとても大事ですね。
Posted by おおとり at 2007年12月05日 01:28
トラックバックからやってまいりました。
あなたは頭脳明晰なかたね。将来が楽しみです。新聞記事にも記者の個性が出るものですよね。魅力ある人の生き方を学ぶというのもいいですね。いくら出世しても元次官のMみたいになってしまってはダメよねえ。
Posted by 美代子 at 2007年12月05日 08:03
トラックバックありがとうございます。
どういう経緯で私のブログに辿り着いたのか不思議でなりませんが
大学にはあなたのように真面目でなくても、のびのびやってる人間もいます。
新聞読んだり、参考書読んだりするのも良いですが、
時には自分の好きな本を読むと“自身の独自の視点”が研ぎ澄まされるかもしれませんよ。
Posted by シナモン at 2007年12月05日 09:58
トラックバックをありがとうございます。
私の所は、宝塚の事しか書いていないのですが、興味を持って頂けて光栄でした。
Posted by ヒナカ at 2007年12月05日 14:23
なんでまた私みたいなわけのわからんとこにトラックバックいただいたのかよくわかりませんが、ありがとうございます。
小論文を書く事はもうないなあ。論文を書かなくちゃいけない・・・
Posted by taronbe at 2007年12月05日 18:26
トラックバックありがとうございます!
こんなのに興味をもっていただいて
誠に感謝です!!
これからもがんばって下さい!!
Posted by 祐馬 at 2007年12月05日 18:33
トラックバックありがとうございます!
こんなのに興味をもっていただいて
誠に感謝です!!
これからもがんばって下さい!!
Posted by 祐馬 at 2007年12月05日 18:36
トラックバックありがとうございます。って言ってもトラックバックの意味や使い方がよく分かってませんが・・・
確かに新聞・マスメディアの情報に頼るのは危険ですね。
知識を持ちすぎて自己中心的に生きはじめると金に物欲に溺れて、自分で正しい判断が出来なくなっちゃう。
見て見ぬふりをしない、信号は守る、という何気ないことを心がけていると正しい自分を見失わない。
正しく生きましょう。
Posted by 吾唯足知 at 2007年12月06日 13:11
トラックバックありがとうございます。
って、ブログ初心者なもんで、このコメントもとても緊張して書いております。
新聞を意識して読んだ事がない、と書かれてましたが
それこそが、まさに学生の王道!
若者の鏡です。
新聞なんか若い時にマジメに読んじゃいけません。
オヤジになってから読むもんです。
そしてこうつぶやけたら、アナタも立派なちょい渋オヤジ。
「あー、若い時マジメに新聞読んどくんだったー・・。」
Posted by ナンシー at 2007年12月07日 16:03
トラックバックありがとうございました。
自分は63才にもなりますが〜未だに〜釣りに興じていますが〜自然の魚達の強靭な生命力と知恵(この前からタチウオ釣りは始めて一ヶ月ほどでしたが〜針に掛かると針を外す為にこちらに泳ぎ抵抗感覚が無くなる寸前に実の見事に針が外されます等)には驚嘆しますが〜その強靭な生命力&知恵を〜何所までも〜育まれるよう〜遊びに勉強に励んでください。
Posted by 島 善洋 at 2008年01月21日 02:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「見送り」
Excerpt: 額賀氏の証人喚問は見送られることになった。
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2007-12-05 07:27

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:36
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。